特殊な機械を利用する│利用価値の高い機械を見極めよう

地震を予知する

鶏とトラクター

地震大国日本だからこそ日常的な備えを行っておく必要があります。日本の地理的理由から宮城には頻繁に地震が発生していることをご存知の方は沢山いるのではないでしょうか。日本列島周辺のプレートが動くたびに地震が発生してしまいますし、遥か海の向こうで大きな地震が起こった場合でも振動が日本まで伝わってしまいます。特に記憶に新しい宮城でも起こった東日本大震災では身を持ってそれを実感された方は今でも鮮明に覚えているのではないでしょうか。あの大きな震災が起こる以前でも地震は体感できないほど小さな地震も含めて1日に5、6回前後発生していましたが、宮城では大震災が発生した後は1日に15回前後の地震が発生するという状況になってしまいました。潜在的な地震の脅威が身近にあるからこそ日常的な備えが必須なのです。そのためドローン空撮で津波をいち早く発見するという取り組みも行なわれています。

ドローン空撮や、緊急地震速報と聞くとテレビを見ていると突然画面上に流れる映像や文字を想像される方が多いかもしれませんが、現在ではドローン空撮や緊急地震速報を撮影したり入手する方法は多く存在しています。例えば携帯を利用した物であったり、緊急地震速報を契約した会社に直接お知らせして、その契約した会社の家族にもメールを直接送るなんていうサービスも存在しますし、インターネットを利用した緊急地震速報なども存在します。ドローン空撮をしている宮城の業者もあるので、空撮を一般の業者が依頼することも可能です。しかしドローン空撮は許可が必要なので気をつけましょう。ですが、もっとも確実なのが手元に緊急地震速報受信機を置いておくことです。緊急地震速報受信機は3、4千円程度の物から数万円する多機能の緊急地震速報受信機まで様々ですが、どれも緊急時には地震を情報を速やかに教えてくれるので余震に備えるという意味でも緊急地震速報受信機は重宝します。