特殊な機械を利用する│利用価値の高い機械を見極めよう

技術の進歩

重機と緑

従来のspectrumanalyzerは、非常に複雑な内部回路で構成されており、計測結果も測定環境に大きく依存していました。そのため同じ電気回路の測定を行なっても計測結果が異なる場合があるなど、計測作業は非常に難しい作業でした。 アナログ回路は電気信号の計測に対して非常に繊細に反応してしまうため、計測結果に反映してしまうのが原因でした。 その後、デジタル信号処理技術の発展とともに、アナログ回路で設計されてきた計測回路は序々にデジタル化されていきました。これによって、従来は非常に複雑だった計測器の内部回路は簡素な設計になりました。 また、デジタル信号処理専用演算器の開発によって高速に信号処理演算を行う事ができるようになりました。 現在のspectrumanalyzerのほとんどは、デジタル信号処理方式を採用しているのが一般的になってきています。

現在のspectrumanalyzerは、電気信号に混在している周期信号を周波数帯域毎に測定します。また、その際の核になる技術はフーリエ変換になります。これは時間領域で電圧値で表現されている電気信号を周波数領域で相対的電圧比率に変換する、あるいはその逆変換を行うのに最適なアルゴリズムになっています。 現在のspectrumanalyzerは、おもにアナログデジタルコンバータ、デジタルシグナルプロセッサ、そして演算結果を表示する回路、それらを総合的に集中管理するためのプロセッサで構成されています。 回路構成が単純化されたことによって、不用意に雑信号が混入する事がなくなり、計測結果の精度もたかくなってきています。 今後は、それぞれの半導体の高性能化によって、さらなる高精度な計測が行なえる計測機器の実現が可能になると予測されます。